「風を吹く人」

風が吹いている時、
耳を澄ますと何か聞えてくるのです。
聞えてくるのは風の音ですが、
風の音というのは、最初は無いのです。

風の吹く始まりのところには
何時も風を吹く人がいて、
音の無い風をパイプに詰めて
いろんな音をつけるのです。
ちょうど、まっしろい紙に
いろんな色で絵を描くように、
風を吹く人は風に音をつけて、
北に南に東に西に、
いろんな方角に風の音を送ります。

普通は一つの旋律ですが、
いろんな所にぶつかったりまわったり
戻ったりしているうちに
後ろの音とぶつかったり、平行になったりして
コーラスや輪唱の様になる事もあります。

Windy Piper
絵をクリックすると拡大するよ。